【生理痛.com】〜生理痛の原因〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
seirituu21★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link





ここでは生理痛について、生理痛の原因を詳しく説明しています。

生理痛は生理に伴う痛みの事です。生理は女性が出産する為に必要なものですが、出血以外にも少なからず痛みなどの症状を伴います。なぜ生理に伴って生理痛が発生してしまうのでしょうか?

生理痛が起こる原因は、特定のホルモンの分泌によるものが第一に挙げられます。生理に伴って大きく変化するのは、女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンの二つですが、生理が始まる際に多く分泌されるのがプロスタグランジンというホルモンです。このプロスタグランジンというホルモンの作用によって、子宮を収縮し子宮内膜が剥がれる時の出血(経血)をスムーズに排出することが出来ます。しかしプロスタグランジンは発痛作用もあるので、同時に痛みが発生してしまうのです。
これが生理に伴う様々な痛みを発生させる原因ということです。

また若い女性や出産経験のない女性の方は、子宮の出口が狭く経血が流れにくい事も生理痛の原因として挙げられます。出産後に生理痛が軽減した方は、一度子宮の出口が広がったからと考えられます。

そして女性に多い冷え性や日々のストレスなども生理痛を重くする原因となります。体が冷えることで血行が悪くなり、痛みが体に残りやすくなります。またストレスが溜まると自律神経やホルモンのバランスを崩して、生理痛を助長させてしまう要因となってしまうのです。


⇒ 生理痛とは

⇒ 生理痛の症状

sponsored link



【生理痛.com】TOP

copyright©2014  【生理痛.com】〜症状を和らげる薬やツボ〜  All Rights Reserved