【生理痛.com】〜生理の仕組みと妊娠〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
seirituu21★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link





ここでは生理(月経)について、生理の仕組みと妊娠の関係を詳しく説明しています。

女性特有の毎月の生理現象である「生理」。この生理の仕組みと妊娠との関係について説明します。

卵巣の中で卵子が成長し、やがて卵巣から飛び出し排卵されます。このとき子宮内では、卵子に精子が受精して受精卵へと変化していることを見越して、着床させるために子宮内膜が膨らみ厚さを増しながら、栄養である血液も同時に蓄えます。
しかしそのほとんどは受精することないため、子宮内膜が子宮の壁から剥がれ、蓄えていた血液と共に3日〜7日ほどかけて排出されます。これが「生理」です。このあとまた新しく卵子が成長を始め、そして生理を繰り返します。この工程が個人差がありながらも大体1ヶ月程度の周期であることから、生理のことを「月のもの」と言ったりされるわけです。

妊娠はこの生理周期の工程の間に、精子がタイミング良く卵子と受精しさらに着床することによって起こります。生理がない人は、子宮内膜の膨張もなければ栄養である血液も蓄えていません。イコール妊娠の準備ができていないということなので、妊娠出来ません。(無排卵性月経などの例外は除く)
妊娠と生理は非常に深い関係にあるということがこれで分かります。


⇒ 生理不順について

⇒ 生理と不正出血の違い

sponsored link



【生理痛.com】TOP

copyright©2014  【生理痛.com】〜症状を和らげる薬やツボ〜  All Rights Reserved